最近の星空

 

春本番の星空

4月、1月とはちがった意味で新しいスタートを切る月。ポカポカ陽気に誘われて重いコートを脱ぎ捨てたときの新鮮な気分と、散り始めの桜のピンクと空のブルーのコントラストの気持ちよさが、縮こまった体と心をリフレッシュしてくれる
 このポカポカ陽気で、雪景色の中で夜空を賑わした冬の星座たちは、まるで雪解け水に流されるように、西の地平線へと消えて行く。一方春の星座たちは、かんむり座をしんがりにすべてが出そろい、星空も春爛漫の装い。

春の星空は、天の川から離れてしまっているために、星数が少ないうえ、春霞のためどことなく寂しげだが、それでも見えている1等星を数えてみると10個もある。このうち春の星座で輝くのは、しし座のレグルス、うしかい座のアルクトウルス、おとめ座のスピカの3個だけだが、オレンジ色に輝くアルクトウルスは、シリウス、カノープスに次いで全天で3番目に明るい恒星だということは、意外と知られていない。改めてもう一度見直してみると、確かに明るいことに気が付くだろう。

 

 

 

●春の大三角とダイヤモンド

 最も寒い2月の宵,早々と東の空に姿を見せていたしし座が,4月の宵にはレグルスとともに天頂近くに駆け上がる.それに引きずられるように,東の空には北東の空にはうしかい座のアルクトウルスが,南東の空にはおとめ座のスピカが顔を出している.

春の大三角
 大三角と言えば,冬の大三角や夏の大三角を思い浮かべるが,春の星空にも大三角はある.ベテルギウス-シリウス-プロキオンを結ぶ冬の大三角,ベガ-アルタイル-デネブを結ぶ夏の大三角.どちらも1等星を結んでできる三角形だ.
 ならば春の大三角は,レグルス-アルクトウルス-スピカと結びたいところだが,実際に結んで見るといささか間延びした三角形となり,どう見ても美的感覚に欠ける.先人たちはそんなことは先刻ご承知とばかりに,レグルスではなく,しし座のしっぽの星デネボラをアルクトウルスとスピカとを結んで,春の大三角とした.こうすれば,美しくバランスが取れた逆正三角形ができあがる.デネボラは2等星であることが残念だが,1等星のレグルスを選んで形を崩すのではなく,あえて2等星のデネボラを選んだところに,現代に生きる私たちよりもはるかに感性豊かだった先人たちの「粋」を感じる.
 春の大三角は,三つの大三角の中で最も大きい.4月の宵空で,冬の大三角と比べて,未明の空で夏の大三角と比べてみると,一目瞭然だ.

春のダイヤモンド
 春の大三角が見つかったら,その北で光る3等星,りょうけん座のコル・カロリと結んで見よう.するとこれまたバランスの取れた大きなひし形ができあがる.まるで春の夜風に乗って舞い上がった凧のように見えるが,このひし形を「春のダイヤモンド」と呼んでいる.
 りょうけん座の主星コル・カロリは,「チャールズの心臓」という意味で,猟犬とは全く関係がない.この名は,イギリス国王チャールズ二世の心臓のことで,1660年イギリスの王位に就いたこと絵を記念して,ハレー彗星でおなじみのイギリスの天文学者エドモンドハレーが命名したと言われている.
 そういえば古星図を見ると,猟犬の背中に王冠をかぶったハートが描かれているものがあり,「なんだこれは?」と思ってしまうが,理由がわかれば,中世の人たちは,お茶目立ったのかな?と妙に納得してしまう.